Ad

AndroidでのANEの作成に戻る。

このページはAndroidでのANEの作成​/swcの作成の続きです。

必要なファイル anchor.png Edit

AndroidでのANEの作成​/Android側の作成AndroidでのANEの作成​/swcの作成で、必要なものはそろったので、いよいよANEを作成します。

AndroidのANEの作成で最低限必要となるファイルは、

  • Android側の処理の書かれたjarファイル
  • ActionScriptEditで書かれたSWC
  • そのSWCから取り出したlibrary.swf
  • ANEの設定ファイル:extension.xml

です。 リソースなどを必要とするANEの作成の場合はもう少し増えますが、このサンプルではこれだけです。

Page Top

extension.xml anchor.png Edit

この必要ファイルのうちまだ制作していないのはextension.xmlだけです。 ファイル名はこれでなくてもかまいませんが、サンプルなどを見ると慣習的にこの名前が多いようです。 このファイルの内容を間違えると面倒なエラーとなりますので、気をつけてください。 内容は以下の通りです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="no"?>
<extension xmlns="http://ns.adobe.com/air/extension/22.0"> 
    <id>ANEAlert</id> 
    <versionNumber>1.0.0</versionNumber> 
    <platforms> 
        <platform name="Android-ARM">
            <applicationDeployment>
                <nativeLibrary>classes.jar</nativeLibrary>
                <initializer>njf.jp.anealert.ANEAlertFREExtension</initializer>
            </applicationDeployment> 
        </platform>
    </platforms> 
</extension>

ここで「http://ns.adobe.com/air/extension/22.0」の最後の数字はAir SDKのバージョンです。間違えるとエラーとなります。

「id」で指定している「ANEAlert」はANEを識別するIDです。これはAndroidでのANEの作成​/swcの作成で作成したSWCの「ExtensionContextEdit.createExtensionContextEdit」で指定したものと同一でなくてはなりません。

「platform name」はAndroidの場合「Android-ARM」とします。

「nativeLibrary」はjarファイル名です。

「initializer」はAndroidでのANEの作成​/Android側の作成で作成したFREExtensionを継承したクラスをパッケージ名から書きます。

Page Top

フォルダ構成とANEの作成コマンド anchor.png Edit

ANEの作成ではフォルダ構成も重要となります。

まず基点となるフォルダを作り、その下にanealert.swcとextension.xmlを置きます。さらに「android」というフォルダを作り、その下にclasses.jarとlibrary.swfを配置します。 まとめると以下のようになります。

スクリーンショット 2016-06-27 1.21.53.png

anealert.swcと同じ階層で次のコマンドを実行します。

adt -package -target ane anealert.ane extension.xml -swc anealert.swc  -platform Android-ARM -C android .

「adt」はAir SDKのbinの中にあるコマンドです。 パスを通していない場合はフルパスで記述してください。

「 -package -target ane anealert.ane」の部分で「anealert.ane」という名前のANEの作成を宣言しています。

「extension.xml」は先ほど制作した設定ファイル名です。

「-swc anealert.swc」はSWC名を指定しています。

「-platform Android-ARM」はAndroidのANEであることを宣言しています。

「-C android」はAndroid用のファイルがある場所、つまりlibrary.swfやclasses.jarのあるandroidフォルダを示しています。

最後の「.」(ドット)は基点となるフォルダを表しています。

これを実行すると「anealert.ane」が作成されるはずです。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1620, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2016-06-26 (Sun) 15:55:40
Last-modified: 2016-07-25 (Mon) 04:40:58 (JST) (2212d) by njf
MenuBar
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
NJF