Ad

2018年4月ぐらいから、Adobe Airで製作したアプリをiTunes Connect登録し、審査を受けると、「_IOPSCopyPowerSourcesInfoEdit, _IOPSCopyPowerSourcesListEdit, _IOPSGetPowerSourceDescriptionEdit」を使っているという理由でリジェクトされます。

以下のページを見ると、3月末には発生していたようですが、私の場合4月上旬に登録したアプリは審査を通り、下旬のものはリジェクトされたので、審査する人によって基準が変わるのかも知れません。

IOS is blocking AIR, rejected for months,due to AIR has API using IOPSCopyPowerSourcesInfo:

これを避けるには「AIR SDK 29.0.0.122」以降を使います。その前のバージョンが「AIR SDK 29.0.0.112」で非常に紛らわしいので注意してください。こちらだとリジェクトされます。

また、「Animate CCでのAdobe Air SDKの管理」で紹介しているAnimateのSDKの管理機能では最後の方の数字でバージョンを区別していないため、最新になっているかどうか分かりづらくなっています。「AIR SDK 29.0.0.112」を入れている場合はそれを消してから、「AIR SDK 29.0.0.122」を入れるのがおすすめです。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1334, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2018-04-25 (Wed) 17:23:37
Last-modified: 2018-04-25 (Wed) 17:29:36 (JST) (1569d) by njf
MenuBar
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
NJF