Ad

TypeScriptのModuleはクラスや変数をひとまとめにして参照できる範囲を制限できる。 これによって名前が重複する問題などを解決できる。

使い方はまとめたい部分をModuleブロックで囲み、外部からアクセスさせたい要素はexport修飾子をつける。

module TestModule{
    const CONST:string = "const1";
    export const CONST_EXP:string = "constExp"
    class MyClass{
        prm:number;
    }
    export class ExportedClass{
        prm:number;
    }
}

alert(TestModule.CONST); // エラー
alert(TestModule.CONST_EXP);

new TestModule.ExportedClass();
new TestModule.MyClass(); // エラー

入れ子もOK。その時もmodule自体を公開するならexportが必要。

module TestModule{
    export module ExportModule{
        export var innerExportVar:number = 12;
    }
}

alert(TestModule.ExportModule.innerExportVar); // => 12

Moduleには他にもいろいろな使い方があるらしい。しかし、node.jsやrequire.jsなどに関連したModuleの詳細は個人でのゲーム開発にはあまり関係ないのでこのwikiの趣旨からはずれるため、ここでは省略。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1300, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2016-03-12 (Sat) 13:17:09
Last-modified: 2016-03-12 (Sat) 14:10:12 (JST) (2346d) by njf
MenuBar
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
NJF