Ad

TypeScriptの魅力の一つは型定義が使えること。 しかもJavaScript互換なのでいつものJavaScript開発で型定義だけ導入するという使い方も出来る。

(このページの内容は公式ページとだいたい同じなので、そちらも参照のことhttp://www.typescriptlang.org/Handbook

真偽型 anchor.png Edit

trueとfalseが代入できる。

var b:boolean = false;
Page Top

Number型 anchor.png Edit

浮動小数点型。JavaScriptとの互換性のためか、整数型はないらしい。

var n:number = 2.1;
Page Top

String型 anchor.png Edit

文字列が格納できる。

var s:string = "abc";
Page Top

配列 anchor.png Edit

次の2種類の定義が使える。2つの定義に差はない。

var list1:number[] = [1,2,3];
var list2:Array<number> = [1,2,3];
Page Top

列挙子(Enum型) anchor.png Edit

C++とかにあるのと同じようなもの。まずenumで型を定義し、それを使ってインスタンスを作る。

enum Color {Red, Green, Blue};
var c: Color = Color.Green;

指定しなければ各要素には0から通番がふられる。以下のようにして起点の数を変えることも出来る。

enum Color {Red = 1, Green, Blue};

全要素を定義することもできる。

enum Color {Red = 1, Green = 2, Blue = 4};

数値から変数名を文字列として取り出すことも出来る。

enum Color {Red = 1, Green, Blue};
var colorName: string = Color[2];

alert(colorName); // => Green

これは便利。

Page Top

Any型 anchor.png Edit

何型でも入る型。これを指定しないとTypeScriptは変換時に異なる型が代入されたのを検知するとエラーを出す。

var notSure: any = 4;
notSure = "文字列";
notSure = false; //  boolean
Page Top

注:型推論 anchor.png Edit

型を指定しない時はTypeScriptは型を類推して決める。

var s = "abc"; //string型と推論
s = 1; //エラー

型を決めたくない時は明示的にAny型を使う。

Page Top

Void型 anchor.png Edit

型がないことを明示する型。戻り値のない関数に使う。

function warnUser(): void {
    alert("どうよ?");
}

C系言語ではおなじみ。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1304, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2016-03-08 (Tue) 13:45:57
Last-modified: 2016-03-08 (Tue) 14:04:40 (JST) (2350d) by njf
MenuBar
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
NJF