Ad

ゲームやアプリの設定ファイルで、

  • CSVは編集が表計算ソフトで出来るので楽だけど、読み込んでちゃんとパースするのが割と面倒。検索とかの機能も自作
  • 一方XMLは大抵の言語でサポートされていて読み込みは楽。大抵要素検索とかも実装済み。一方大きなファイルの編集は面倒。

そういうわけで表計算ソフトで編集、CSVで出力してXMLに変換すればいいかと思いツールを作った。ツール本体は添付ファイルを参照filecsvToXml.py

python3が必要

使い方は、ファイル内一行目

#!/usr/bin/python3

をお使いのpython3のパスに変更

最終行

xmlFile.write("resource/"+fileName.replace("csv","xml"))

を出力したいディレクトリ名と拡張子に変更。上のデフォルト値では「resource」ディレクトリに元ファイルのcsvという拡張子をxmlという拡張子にして出力される。 なのでファイル編集が面倒ならcsvのあるフォルダにresourceフォルダを作っても良い。

入力するCSVファイルに日本語などが含まれるときはUTF-8で保存が必須。表計算ソフトで大抵保存時に指定できる。

実行は

./csvToXml.py yourFile.csv

とするとルート要素名「items」で各レコードの要素名「item」、各データの要素名が先頭行の名前になっているXMLファイルが出力される。

つまり

A,B,C
1,2,3

<items>
	<item>
		<A>1</A>
		<B>2</B>
		<C>3</C>
	</item>
</items>

となる。(実際には改行やタブは無い)

また、日本語は使っているpythonのライブラリの仕様でエンコードされるが、読み込み時にはちゃんとデコードされる。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3123, today: 4, yesterday: 0
Princeps date: 2015-06-06 (Sat) 06:01:05
Last-modified: 2015-06-06 (Sat) 07:13:19 (JST) (2627d) by njf
MenuBar
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
NJF