TypeScriptのModuleはクラスや変数をひとまとめにして参照できる範囲を制限できる。 これによって名前が重複する問題などを解決できる。

使い方はまとめたい部分をModuleブロックで囲み、外部からアクセスさせたい要素はexport修飾子をつける。

module TestModule{
    const CONST:string = "const1";
    export const CONST_EXP:string = "constExp"
    class MyClass{
        prm:number;
    }
    export class ExportedClass{
        prm:number;
    }
}

alert(TestModule.CONST); // エラー
alert(TestModule.CONST_EXP);

new TestModule.ExportedClass();
new TestModule.MyClass(); // エラー

入れ子もOK。その時もmodule自体を公開するならexportが必要。

module TestModule{
    export module ExportModule{
        export var innerExportVar:number = 12;
    }
}

alert(TestModule.ExportModule.innerExportVar); // => 12

Moduleには他にもいろいろな使い方があるらしい。しかし、node.jsやrequire.jsなどに関連したModuleの詳細は個人でのゲーム開発にはあまり関係ないのでこのwikiの趣旨からはずれるため、ここでは省略。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 416, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2016-03-12 (土) 22:17:09
最終更新: 2016-03-12 (土) 23:10:12 (JST) (616d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF