3: 2017-05-18 (木) 20:34:40 njf ソース バックアップ No.3 を復元して編集 現: 2017-06-11 (日) 14:27:35 njf ソース 編集
Line 8: Line 8:
 # -*- coding: utf-8 -*-  # -*- coding: utf-8 -*-
 + 
 s = u"これは%sです" % u"テスト"  s = u"これは%sです" % u"テスト"
 + 
 print s  print s
Line 21: Line 21:
 s = u"これは%d回目の%sです" % (2,u"テスト")  s = u"これは%d回目の%sです" % (2,u"テスト")
 + 
 print s  print s
Line 30: Line 30:
 s = u"これは%.2fを表示する%sです" % (0.1234,u"テスト")  s = u"これは%.2fを表示する%sです" % (0.1234,u"テスト")
 + 
 print s  print s
Line 100: Line 100:
このようにformatを使うと書式設定の柔軟性や可読性があがるので、複雑な書式設定が必要な場合などはこちらを使うのがおすすめです。 このようにformatを使うと書式設定の柔軟性や可読性があがるので、複雑な書式設定が必要な場合などはこちらを使うのがおすすめです。
 +
 +formatは「{}」の中を省略することも出来ます。
 +この場合は引数の順序通り出力されます。
 +
 + print u"{}と{}".format("A","B")
 +結果
 + AとB
 +
 +つまり、%記法と同じです。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 356, today: 1, yesterday: 0
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF