Ad

iTunes Connectにアプリを提出し、審査してもらうと、時々「xxxというAPIを使っているので」といってリジェクトされる場合があります。

だったら初めからそのAPI用意するなよとか、そっちのAPIなんだから内部的にどうにかしろよとか、せめてアップロード時に警告でもだせよとか、たくさん言いたいことはありますが、ぐっと飲み込んで修正するしかありません。

その時、どのAPIを使っているか確認するには、stringsコマンドを使います。

以下Macの使用を前提としています。

まず作成したアプリのIPAファイルをzip解凍します。

MyApp編集.IPAとMyApp編集.zipと名前を変更してダブルクリックするか、コマンドラインのunzipコマンドを使うと解凍できます。すると「Payload」というディレクトリができるので、その中にある「アプリ名.app/アプリ名」というファイルを引数としてstirngsコマンドを実行します。

strings Payload/MyApp.app/MyApp > strings.txt

これでアプリのバイナリファイルで使っている文字列が取り出せます。あとはこの「strings.txt」の中を検索すれば、APIを使っているかどうかわかります。

もしstringsコマンドが無いというようなメッセージが出る場合には、xcode付属のコマンドラインツールがインストールされていない状態なので、以下のコマンドでインストールします。

xcode-select --install

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 159, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2018-04-25 (水) 18:48:53
最終更新: 2018-04-25 (水) 18:49:32 (JST) (180d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF