Ad

StarlingのSpriteは描画オブジェクトをラップするコンテナで、それ自体が画像など表示をする物を持つわけでは無い。そのため、ImageなどにはないaddChildメソッドがある。

var sprite:Sprite = new Sprite();
var image:Image = new Image(assets.getTexture(YOUR_TEXTURE));
sprite.addChild(image);

もちろん、Spriteを入れ子にする事も可能である。

var sprite2:Sprite = new Sprite();
sprite.addChild(sprite2);

これ以外にもaddChildAtEdit,getChildAtEditなどの深度を指定して子要素を操作するメソッドもあり、AS3の描画ツリー管理と同様の事が出来る。

Spriteはアルファやスケールと言ったプロパティを持ち、それらを変更すると、子要素全てに影響が及ぶ

sprite.alpha = 0.5;
sprite.scaleX = 1.2;

実際の開発はSpriteで描画オブジェクトをグループ化、階層化して行う事になる。

リファレンス:

DdisplayObjectContainer

Sprite


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1600, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2015-06-16 (Tue) 07:51:55
Last-modified: 2015-06-16 (Tue) 07:51:55 (JST) (1526d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF