テクスチャアトラスに入れられないような大きな画像や、一時的に使う画像を表示するだけなら、必要な時だけ画像を読み込んで使い終わったら破棄した方がメモリの節約になる。

自分でロードしてビットマップからテクスチャを作成して表示しても良いが、Feathersには簡単に画像をロードしてくれるImageLoader編集がある。

使い方は、

var loader:ImageLoader = new ImageLoader();
loader.source = "yourImage.png";
addChild(loader);

これで表示される。sourceはurlではなくテクスチャでもかまわない。「addChild」すると、ロードが開始される。実際にはロード後に画面や場所の調整が必要なので、ロード完了時のイベントが用意されている。

loader.addEventListener(Event.COMPLETE, onComplete);

これでonComplete関数で座標などの調整を行えば良い。

function onComplete(e:Event):void 
{
	loader.validate();
	loader.alignPivot();
	loader.x = STAGE_X * 0.5;
	loader.y = STAGE_Y * 0.5;
}

ロード後、テクスチャなどの初期化は非同期で行われるようで、ここでvalidate関数を実行しておかないとloaderのwidthやheightはまだ更新されておらず、0のままになっており、alignPivotも正常に働かないことに注意が必要である。

エラーはFeathersEventType編集.ERRORで取得できる。

使い終わったら破棄する

loader.removeFromParent(true);

その他詳細はこちら。

http://feathersui.com/help/image-loader.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 883, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2015-06-09 (火) 16:19:17
最終更新: 2015-06-09 (火) 16:20:49 (JST) (917d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF