FeathersのListはモバイルでよく使うUIの上に、他のコンポーネントの基礎ともなっているので、使えるようになっていると何かと便利。

まず、初期化は

var list:List = new List();
list.width = WIDTH;
list.height = HEIGHT;
baseSprite.addChild(list);

となる。 データはListCollection編集クラスを使って配列で与える。 たとえば、text_0からtext_49というリストを表示をさせたいなら、

var data:Array = [];
for (var i:int = 0; i < 50; i++) 
{
	var obj:Object = new Object();
	obj["text"] = "test_" + i;
	data.push(obj);
}
var listCollection:ListCollection = new ListCollection(data);
list.dataProvider = listCollection;
list.itemRendererProperties.labelField = "text";

とする。 ここで、dataという配列にtextというプロパティがあるオブジェクトを格納し、そのtextというプロパティがリストのラベルとなるようにlist.itemRendererProperties編集.labelFieldにtextという文字列を代入している。 itemRendererProperties編集にはlabelField以外にもアイコンを指定するための「iconSourceField編集」などが使える。

これでテキストの一覧が表示されるが、デフォルトの文字が小さい上に、リストの項目の背景が無いのでまだ使い物にはならない。これらを指定するにはリストのitemRendererFactory編集プロパティを使う。

list.itemRendererFactory = function():IListItemRenderer {
	var renderer:DefaultListItemRenderer = new DefaultListItemRenderer();
	renderer.defaultSkin = new Quad(10, 100, 0xff0000);
	renderer.hoverSkin = new Quad(10, 100, 0x00ff00);
	renderer.downSkin = new Quad(10, 100, 0x0000ff);
	renderer.upSkin = new Quad(10, 100, 0x00ffff);
	renderer.labelFactory = function():ITextRenderer {
		var tftr:TextFieldTextRenderer = new TextFieldTextRenderer();
		tftr.textFormat = new TextFormat("_sans", 32);
		return tftr;
	};
	return renderer;
};

ここではDefaultListItemRenderer編集でスキンの指定をし、さらにlabelFactoryでテキストの書式を指定している。

するとこんなふうに表示される。

list01.png

実際にはスキンにはQuadより9スライスイメージなどを使った方が良い。 さらに、どこが選択されたかを検知するにはCHANGEイベントを取得する

list.addEventListener(Event.CHANGE, onChangeHandler);
private function onChangeHandler(e:Event):void{
	var list:List = List( e.currentTarget );
	trace( "selectedIndex:", list.selectedIndex );
}

これでひとまず最低限表示され、機能するようになる。

背景の指定は

list.backgroundSkin = new Quad(10, 10, 0);

背景はリストが短いと表示される。

スクロールバーを指定するのは

list.verticalScrollBarFactory = function():ScrollBar
{
	var scrollBar:ScrollBar = new ScrollBar();
	scrollBar.direction = ScrollBar.DIRECTION_VERTICAL;
	scrollBar.trackLayoutMode = ScrollBar.TRACK_LAYOUT_MODE_SINGLE;
	scrollBar.thumbFactory = function ():Button
	{
		var button:Button = new Button();
		button.defaultSkin = new Quad(2, 50, 0x000000);
		return button;
	}
 
	scrollBar.minimumTrackFactory = function ():Button
	{
		var button:Button = new Button();
		button.defaultSkin = new Quad(2, 20, 0x999999);
		return button;
	}
	return scrollBar;
}

となる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 392, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2016-02-24 (水) 01:33:29
最終更新: 2016-02-24 (水) 15:47:14 (JST) (657d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF