Ad

FeathersにはHeaderコンポーネントがあり、名前の通りヘッダーを表示してくれる。

var header:Header = new Header();
header.title = "設定";
header.backgroundSkin = new Quad(10, 10, 0x0000ff);
header.width = STAGE_WIDTH;
header.height = STAGE_HEIGHT * 0.1;

これで表示される。タイトルのテキストの書式を修正する場合は、

header.titleFactory = function():ITextRenderer
{
    var titleRenderer:TextFieldTextRenderer=new TextFieldTextRenderer();

    titleRenderer.textFormat = new TextFormat(MY_FONT, 32,0xffffff);

    return titleRenderer;
}

のように、titleFactoryを設定する。

左右にボタンなどを配置することもできる。

var backButton:Button = new Button();
backButton.defaultSkin = new Quad(60, 20, 0xff0000);
backButton.label = "back";
header.leftItems = new <DisplayObject>[backButton];
header.paddingLeft = 10;
baseSp.addChild( header );

結果はこちら。

header.png

ヘッダー程度なら自分で作っても良いが、こちらの方が書式をそろえやすいので便利。

このページのソースはこちら。

fileHeaderTest.as

StarlingWrapper編集.STAGE_WIDTHとかは適当に書き換えてください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 585, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2016-02-28 (日) 17:06:38
最終更新: 2016-03-01 (火) 05:46:33 (JST) (937d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF