Ad

FeathersにはHeaderコンポーネントがあり、名前の通りヘッダーを表示してくれる。

var header:Header = new Header();
header.title = "設定";
header.backgroundSkin = new Quad(10, 10, 0x0000ff);
header.width = STAGE_WIDTH;
header.height = STAGE_HEIGHT * 0.1;

これで表示される。タイトルのテキストの書式を修正する場合は、

header.titleFactory = function():ITextRenderer
{
    var titleRenderer:TextFieldTextRenderer=new TextFieldTextRenderer();

    titleRenderer.textFormat = new TextFormat(MY_FONT, 32,0xffffff);

    return titleRenderer;
}

のように、titleFactoryを設定する。

左右にボタンなどを配置することもできる。

var backButton:Button = new Button();
backButton.defaultSkin = new Quad(60, 20, 0xff0000);
backButton.label = "back";
header.leftItems = new <DisplayObject>[backButton];
header.paddingLeft = 10;
baseSp.addChild( header );

結果はこちら。

header.png

ヘッダー程度なら自分で作っても良いが、こちらの方が書式をそろえやすいので便利。

このページのソースはこちら。

fileHeaderTest.as

StarlingWrapperEdit.STAGE_WIDTHとかは適当に書き換えてください。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 818, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2016-02-28 (Sun) 17:06:38
Last-modified: 2016-03-01 (Tue) 05:46:33 (JST) (1265d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF