Ad

StackScreenNavigator編集は戻るボタンを実装するときに便利な画面遷移の制御クラス。 ページ遷移が単純ならScreenNavigator編集で十分。

ScreenNavigator編集とほぼ同じ使い方なので、まずStarling+Feathersで画面遷移を参照のこと。

_screenNavigator = new StackScreenNavigator();
baseSp.addChild(_screenNavigator);
var screenNavigatorItem:StackScreenNavigatorItem = new StackScreenNavigatorItem( new TestScreen1() );
_screenNavigator.addScreen( "screen1", screenNavigatorItem );

画面の登録はScreenNavigator編集とほぼ同じ。

起点となる画面をrootScreenIDで指定する。すると最初にこの画面が表示される。

_screenNavigator.rootScreenID = "screen1";

画面遷移はpushScreenで行う。

_screenNavigator.pushScreen("screen2");

戻るときはpopScreenで戻る。前の画面を覚えているので画面のIDを指定する必要は無い。

_screenNavigator.popScreen();

画面遷移のアニメーションも指定できる。

_navigator.pushTransition = Slide.createSlideLeftTransition();
_navigator.popTransition = Slide.createSlideRightTransition();

ScreenNavigator編集と同様にイベントで画面遷移も可能。

詳しくは公式ページで。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 684, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2016-03-20 (日) 13:49:24
最終更新: 2016-03-20 (日) 14:02:53 (JST) (918d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF