Ad

Starlingにもボタンクラスがあるのだが、機能的にはFeathersの方が充実しているので実際にはこちらがお勧め。

最低限以下のコードで動く。

var btn:Button = new Button();
btn.addEventListener(Event.TRIGGERED, onTapHandler);
btn.defaultSkin = new Image(assets.getTexture(BTN_IMG_NAME));
btn.defaultIcon = new Image(assets.getTexture(BTN_ICON_NAME));
addChild(btn);
function onTapHandler(e:Event):void{
	trace("tap!");
}

アイコンの代わりにテキストを指定することも可能。

でもこれだと押したとき、マウスが乗ったときが分からないので、たとえば

btn.useHandCursor = true;//マウスオーバーでハンドカーソル
btn.scaleWhenDown = 1.1;//押したときに1.1倍に
btn.scaleWhenHovering = 1.03;//マウスオーバーで1.03倍に

などと指定する。

他にもマウスオーバー、使用不可のボタンの画像自体を変えたい場合は、

hoverIcon
hoverSkin
disabledSkin
disabledIcon
downSkin
downIcon

などのプロパティに画像を指定すると良い。アイコンの細かな位置調整は

iconOffsetX
iconOffsetY

というパラメーターでポイント単位で微調整可能。

モバイルだと画像を多く用意するとメモリを圧迫するので、downSkinを使うよりスケールで対応するのが便利。Imageのcolorプロパティを使ったり半透明画像を重ねたりする方法もある。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 750, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2015-05-24 (Sun) 07:20:25
Last-modified: 2015-05-31 (Sun) 16:24:01 (JST) (1543d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF