Ad

Pythonのif文は基本的には他の言語のif文と同じ。

a = 1
if a == 1:
   print "a is 1"

結果

a is 1

比較演算子も「==」「<」「!=」など他のプログラム言語と同じ。

ただし、「かつ」は「and」、「または」は「or」。 他の言語を知っていると、「&&」や「||」にしがちだが、それはエラーとなる。

a = 1
b = 2
if a == 1 and b == 2:
   print "a is 1 and b is 2"

また、否定演算子は「not」。「!」は「!=」という形でしか使えない。

! a == 1

これはエラー

not a == 1
a != 1

これらはOK。

elseはそのまま。

if a == 1:
   print "a is 1"
else:
   print "a is not 2"

ただし、「else if」は 「elif」。

if a == 2:
    print "a is 2"
elif a == 1:
    print "a is 1"

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 656, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2016-07-22 (Fri) 03:03:58
Last-modified: 2016-07-22 (Fri) 03:37:59 (JST) (1032d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF