Ad

回数を指定してループする場合は、「Python​/回数を指定してループ」も参照してください。

基本 anchor.png Edit

Pythonのfor文は配列などをループ処理するときに使う制御文です。

例1

for i in [1,2,3]:
    print i

結果

1
2
3

注意:この例はPython2系のコードです。 Python3以上で実行する場合は「print i」を「print(i)」にしてください。以下の例も同様です。

例2

for s in "abc":
    print s
a
b
c

例3:辞書型だとキーでループすることになります。

d = {"a":"1","b":"2","c":"3"}
for k in d:
    print k,d[k]

結果

a 1
c 3
b 2

inの後は上の例のように、イテレータブルオブジェクトと呼ばれる数え上げたり列記したりできるデータの型を指定します。

Page Top

for文のelse anchor.png Edit

Pythonのfor文ではelse文も書けます。

for i in range(3):
   print i
else:
   print "loop end"

Python3での結果

0
1
2
loop end

上の例のように、ループが終了するとelseが実行されます。

もしループをbreakして最後まで実行されなかった場合はelseは実行されません。

こちら」でも詳しく説明しています。

Page Top

enumerateでインデックスをつけてループする anchor.png Edit

インデックスをつけてループするには、組み込み関数「enumerate」を使います。

s = "Test."

for i, w in enumerate(s):
    print i,w

結果:

0 T
1 e
2 s
3 t
4 .

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 575, today: 1, yesterday: 2
Princeps date: 2018-06-08 (Fri) 16:52:21
Last-modified: 2019-05-27 (Mon) 20:19:04 (JST) (87d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF