iOSはアプリ起動時のスプラッシュ画像のサイズでその後のアプリ自体の描画領域を決めているようなので、アプリリリース時にはスプラッシュ画像をちゃんと入れておいた方が良い。

まずスプラッシュ画像を各種用意する。対応機種によって名前とサイズが違うので「iOS スプラッシュ画像」とかで検索のこと。

あとはFlash Professionalで「AIR for iOS」の一般設定にある「含めるファイル」にそのファイルを入れるだけ。

フォルダなどでまとめずに、トップレベルで入れる必要がある。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 538, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2015-05-24 (日) 16:16:18
最終更新: 2015-05-28 (木) 23:39:03 (JST) (928d) by njf
広告

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


NJF