Back to page

 Print 

Android向けANE作成で、サポートライブラリを取り込むときにエラーが出る場合の対処方法 :: NJF Wiki

xpwiki:Android向けANE作成で、サポートライブラリを取り込むときにエラーが出る場合の対処方法

最新のrecyclerviewなどの「android.support」以下のパッケージを取り込んだAndroid向けANEを作成し、実際のパッケージを制作すると、エラーが出ることがあります。

これはAir SDKのadtコマンドでパッケージ制作で使っているAndroid build toolのバージョン(API Levelに対応)とサポートライブラリのバージョンがあっていない事が原因です。

残念ながらAnimate CCではandroid build toolのバージョンを後から変える方法については資料がなく、変えられたとしてもそのAir SDKのバージョンでそのandrod build toolが対応しているか不明のため、サポートライブラリの方のバージョンを下げる必要があります。

例えば、Air SDK ver. 22ではサポートライブラリのver.22なら取り込めますが、24などはエラーとなります。 どのバージョンに対応しているかはリリースノートに書いてあることがあります。たとえばAir SDK ver.22ではAndroid L対応とあるので、Android 5、つまりapiレベル21や22は対応しているようです。

ANE作成ではサポートライブラリの取り込みが必要な事も多いので、注意が必要です。

また、それに応じてManifestのtargetsdkなども変更が必要です。


Last-modified: 2016-08-15 (Mon) 08:09:35 (JST) (1571d) by njf